ソフトコミュ開発ブログ

SoftCommu は Javaアプリ、Androidアプリの開発を行うディベロッパーです。人材教育もやっています。企業の新人研修の講師からスカイプでのオンライン家庭教師まで!技術書の執筆や翻訳もしています。
2017.01.07 Saturday
Bitbucketから、指定した時点でのファイルをすべてまとめて zip でダウンロードする方法

Bitbucket のページに行くと、リポジトリごとに「ダウンロード」というページがあり、

ここから最新のソースコードをすべて zip に圧縮保管したファイルをダウンロードすることが可能です。

 

しかし、ソースコードの修正をしながらコミット&プッシュを重ねていく中で、

過去にさかのぼって、特定のバージョンのソースコードをまとめて zip でダウンロードしたい場合もありますよね?

 

そんなときにどうすれば良いのか、というのがこの記事のトピックです。

 

 

さて、Bitbacket のWEBサイトには、「コミット」というページがあり、

そこには、過去における変更がすべて時系列でリストアップされています。

 

そのページでは、特定のコミットでどんな変更をしたのかを参照することはできるのですが、

ある特定の時点でのソースコードを全部まとめてダウンロードすることはできません。

 

そのようにできたら便利なんですけどね。

 

では、どうすれば良いのでしょうか?

 

そのためには、まず、ダウンロードしたいと思っているコミットに対して「タグ」というものを設定する必要があります。

 

たとえば、下記の「コミット」ページの 2594b85 と名前が付けられたコミットの時点での

ソースコードをすべて zip にまとめてダウンロードしたいとします。

 

 

この場合、2594b85 と名前が付けられたコミットの時点のファイルをすべてダウンロードするためには、

まず、そのコミットに対してタグを設定するという作業が必要になります。

 

たとえば、Android Studio で開発している場合、下記のようにします。

 

(1) Bitbucket のページからダウンロードしたいバージョンのコミット番号をメモしておく(上記の例では 2594b85

 

(2) Android Studio のメニューから VCS → Git → Tag を実行する。

 

(3) 下記のダイアログで、(1)で控えておいたコミット番号を入力する。

 

 

上記で入力したコミット番号が正しいかどうか(ちゃんと存在しているかどうか)かは、

「Validiate」ボタンを押すことによって確認できます。

ここでは、タグの名前やコメントとなる「メッセージ」も記入しましょう。

タグ名やメッセージは、任意の文字列ですが、あとから自分や他のチームメンバーが

見たときにわかりやすい内容にしておくのが良いですね。

 

(4) 上記の設定をしたら「Create Tag」をクリックして、続くダイアログで設定を進めていきます。

 

(5) 上記のタグ付けの設定を Bitbucket上のリモートリポジトリに反映させるため、コミット&プッシュします。

 

(6) 下記のように、Bitbucket の「ダウンロード」ページ、「タグ」のタブから、

タグを設定したコミットの時点でのすべてのファイルを zip 形式でダウンロードすることが可能になります。

gz や bz2 というファイル形式でもダウンロードできますね。

 

 

以上、Bitbucket から特定のバージョンのファイルを zip ファイルにまとめてダウンロードする方法でした!

 

 

 

ソフトコミュでは、スカイプによる Java や Androidプログラムの

オンライン家庭教師を受け付けています。

料金は30分2,000円から。

ネット検索しながら何日も悩んだ問題が、たった30分で解決すると大好評です!

興味のある方はソフトコミュのホームページからご連絡ください!

 

 

 

| SoftCommu | Bitbucket | 15:48 | comments(0) | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ 人気の記事
1位: ズバリ、ラムダ式 (Lambda)とは何か? それを使うと何がうれしいのか?

2位: Android エミュレータが起動しない場合の復旧手順

3位: Android Studio で "SDK location not found. Define location with sdk.dir in the local.properties file or with an ANDROID_HOME environment variable" と表示される問題の原因と対応策

4位: Android 7.0 から Intent の getSerializableExtra() が使えなくなってしまいました!

5位: エミュレータの Google Play Services のバージョンが古いために Google Maps などを使用したアプリが動作しない場合の対応策

6位: Proguard を使用してリリース用APKを出力しようとした際にエラーになるケースの対応策

7位: OneDrive でオフィス文書が同期できなくなるケースの対応策

8位: Java で Firebase を使う方法のまとめ。

9位: Arduino の開発環境に ZIP形式のライブラリをインストールできない場合の対処方法

10位: Bitbucketから、指定した時点でのファイルをすべてまとめて zip でダウンロードする方法

11位: Android Studio で2台のパソコンを行き来しながら開発作業をする方法

12位: AWS (Amazon Web Service) で動作している WEBアプリを SSL対応(HTTPS対応)にする

13位: AWS (Amazon Web Service) の公式ドキュメントで 「HTTPS を終了する」とはどういう意味か?

14位: エクリプスでテキストエディタの背景色を黒っぽくしたらデバッグ中にどの行にいるのかわからなくなった場合の対応策

15位: 任意のレジストラで取得したドメインのSSL認証を AWS で無料で取得し、Elastic Beanstalk の WEBアプリを https で公開するまでの手順まとめ

16位: マイクロソフトの API仕様変更に伴う 「OneDrive API活用術」のサンプルコードの修正のお知らせ

+ ARCHIVES
+ CATEGORIES
+ MOBILE
qrcode
(C) 2016 SoftCommu All Rights Reserved.